沿革

1953年(昭和28年)

中村辰男が、長野市大字古野569番地において、資本金100万円を以て長野鍛工株式会社を設立

1956年(昭和31年)

在日米軍兵站廠の工場審査に合格、エンジンバルブを納入する。

1958年(昭和33年)

機械工場を長野市西和田に移転

1963年(昭和38年)

資本金を2,000万円に増資

1966年(昭和41年)

新工場を(現在地)長野市大字穂保字中之配291番地の1へ移転

1969年(昭和44年)

資本金を3,000万円に増資

1970年(昭和45年)

長野県上水内郡豊田村(現中野市)に豊田工場[現・(株)長鍛豊田製作所]を建設しエンジンバルブ鍛造工場として量産化を図る。

1972年(昭和47年)

エンジンバルブ月産100万本体制を整える。

1973年(昭和48年)

自社開発によるエンジンバルブ連続調質炉を完成、生産ラインに設置する。

特殊面状バーナーを開発し、通産省より新技術開発補助金を受ける。

1978年(昭和53年)

自社開発によるガス焼準調質炉を完成、通産省より中小企業技術改善費補助事業の指定を受ける。

月産生産能力、エンジンバルブ200万本体制を確立する。

1981年(昭和56年)

中野市高丘工業団地に高丘工場[現中野スタンピング(株)]を新設する。

1986年(昭和61年)

日刊工業新聞社より「新鍛造焼入法」に対し、表彰を受ける。

1989年(平成元年)

取締役社長に中村千春が就任

1992年(平成4年)

石川島汎用機械(株)殿向けターボチャージャー部品の加工・組立・溶接を生産ラインに設置する。

三次元測定機他計測装置の充実を図る。

1995年(平成7年)

長野県工業試験場との共同開発による「熱間鍛造用セラミック型」の開発について、
財団法人日本塑性加工学会より技術開発賞の学会賞を受ける。

2002年(平成14年)

品質の国際規格ISO9001取得 登録番号LIACA-094

2003年(平成15年)

代表取締役社長に中村千夏就任

2004年(平成16年)

資本金を4,200万円に増資

2008年(平成20年)

資本金を7,900万円に増資

2009年(平成21年)

平成21年度補正戦略的基盤技術高度化支援事業(経済産業省)に採択される。        
研究開発計画名:「Ni基合金鍛造の高度量産プロセスの開発」(平成21〜23年度)

2012年(平成24年)

航空、宇宙、防衛の品質マネジメントシステム「JIS Q 9100:2009」を認証取得

2013年(平成25年)

平成25年度戦略的基盤技術高度化支援事業(NEDO)に採択される。          
研究開発計画名:「Ni基超耐熱合金の組織改質と高機能ターボ部品の開発研究」(平成25~27年度)

2016年(平成28年)

平成28年度戦略的基盤技術高度化支援事業(NEDO)に採択される。
研究開発計画名:「難加工材料の組織微細化と超塑性鍛造による最先端ターボ部品の新量産工法開発」 (平成28~30年度)

平成28年度地域中核企業創出・支援事業(経済産業省)「航空エンジン部品加工トライアル」の採択を受け航空機エンジン部品の試作を行う。

2018年(平成30年)

IATF16949を認証取得

2019年(令和1年)

長野県上田市に上田工場を新設

2020年(令和2年)

代表取締役会長に中村千夏就任

代表取締役社長に中村 基就任